三伸工業株式会社

− SANSIN INDUSTRY CO., LTD OFFICIAL WEBSITE −

CHALLENGE EVERYTHING FOR THE FUTURE

「創る力」と「造る力」が世界を巡る

「創る力」と「造る力」が響き合い、頭の中のイメージを形にする。

日々未来へと進み時代の軌跡を描く、地図に残る仕事、歴史に記される事業。
物と技術と人を繋いで、新たな価値を創造し、ここから世界へ。

BUSINESS CONCEPT

常に未来に向かって積極果敢に挑戦

「 未だ見ぬ未来を、明日に叶える。」

三伸工業はひと言で表すと「製造機能を持った産業機器の総合商社」「ものづくり」のトータルサプライヤーです。
社員ひとりひとりが幅広い知識と多様な対応能力を発揮すると共に、
各部門が連携して高密度のオペレーションを実現する、高い総合力によるサポートを実践。
「各種合理化設備の設計」「産業機器・研究機器の調達・販売」
「大型機造物・非鉄金属の製造」「海外での鋼構造物・機械の輸出入」「宇宙開発関連事業」
  品物単品の供給から、プロジェクトの提案、機器の製造まで、窓口一個で全てを可能にします。
そうして日々、手繰り寄せる未来は、
「生産活動を支援・促進を通じて、人としての信頼を築き、製品が形となって世の中の役に立つ。」
「解決すべき課題を告げられた時が全てチャンスになる。」
私たちの想いと努力が両輪となって、
未だ見ぬ製品を、ひとつひとつ現実の物として叶えていきます。
そしてまた一歩、明日へ_。

SANSIN TECHNOLOGY 業務案内

船舶、橋梁、水門、工場プラント。ビル、重工業、衛星通信、重電産業、宇宙開発事業_。
あらゆる分野で、弛まない努力と積み重ねる研鑽によって、「技術」の実りを輝かせたい。

販売部門
販売部門
重工業を推進する「ものづくり」のための総合商社。小さなものから大きなものまで、迅速・的確に調達。必要なモノを必要な場所へ、安心・確実にお届けします。
技術部門
技術部門
「技術」を用いるための「技術」を磨く「ものづくり」の要。設備としての「安全」を極め、姿勢としての「安全」を鍛えて。工場での生産工程に必要な全てを「最適化」。
製造部門
製造部門
高度な金属加工で「ものづくり」の未来に挑み、さまざまな場所と分野に於いて活躍する、世界に一つのオーダーメイドを送り出しています。
精密加工部門
精密加工部門
「いままで出来なかった」を見つけていくという技術革新。大型水中翼船ジェットホイル、特殊計測器部品など。解析力と技術力で、超高精度の精密部品を製作します。
海外部門
海外部門
「日本品質」を中国を拠点に広く世界へ。中国製品のクオリティアップと安定供給を実現。広く世界で、人材と共に「ものづくり」を育てていきたい。

WORKS 実績紹介

海外部門
転炉設備
製造部門
サイドスラスター用プラットホーム
製造部門
橋梁 ボックス柱
海外部門
転炉
製造部門
橋梁 脚部
製造部門
ハッチコーミング
製造部門
アンテナ
海外部門
コイル輸送台車
製造部門
インシュレーションディスク
製造部門
エンジン架台
海外部門
転炉
技術部門
整備組立棟 4m/5m 切替床
技術部門
アルミ製搬送台車
精密加工部門
アダプター
製造部門
発電機コイルフレーム

三伸工業の社員は日々、どのように仕事と向き合っているのだろうか。
入社のきっかけや、仕事に懸ける想い、体験談など就職活動に役立つ社員の生の声をお伝えします。

平野 正記
2014年入社 生産管理
平野 正記
Masaki Hirano
柿木園 洋平
2011年入社 営業部
柿木園 洋平
Yohei Kakinokizono

SANSIN ACTION

当社にはさまざまな個性と専門性、国籍が混じり合い、それぞれの能力や特性を最大限に活かすことのできる土壌があります。
その土壌で人と人が影響しあうことで「融合」「反応」「変化」を繰り返し起こしながら、誰にも真似できない私たちだけの会社を作りたいと思っています。新しい価値を生み出すために、常にポジティブにチャレンジ精神をを持って、恐れずに前に進む。「そのプロセスを楽しめる人」「一緒に成長していきたいと思える人」そんな人材を求めています。
想いを形にするための TRY & ERROR を繰り返し日々未来へと、ワクワクしながら歩みを進める人生はいかがですか。

ACCESS MAP

三伸工業は関西に、本社・神戸工場と播磨営業所・播磨工場の2ヶ所を基盤に、東京、香川坂出、種子島に営業所を展開。
海外は上海にて「三伸矢(上海)国際有限公司」を設立。国内外合わせて6つの拠点で「世界に必要とされる企業」を目指し、
安心・安全への想いと信頼の実績を縦横にして、日本の「ものづくり」の物語を、未来に向かって編み続けて参ります。